観音製本や金文字製本など各種製本のサービス。用途に合わせて図面や書類を製本します

各種製本サービス

金文字製本

金文字製本は、厚紙にレザークロスを貼ったものに金文字を入れた表紙を使います。
綴じしろに穴を数ヶ所あけ、表紙と一緒にビスで綴じる製本方法です。
金文字の表紙を使ったバインダー方式で綴じる方法もあります。
製本サイズよりも大きな図面は、折りたたんで綴じます。

契約書・報告書・完成図書・竣工図等によく用いられます。


観音製本

ダイヤボードまたはレザックという紙に文字打ちをしたものを表紙に使います。
印刷面を内側にして二つに折り、裏面どうしを糊で貼り合わせて見開きになるように製本し、背張りテープを張って仕上げます。
二つ折り製本とも言います。
表紙と裏表紙を一枚の紙で仕上げる「くるみ製本」という方法もあります。

観音製本は、広げると折り目が平らになる為、図面が見やすくなります。
建築現場関係などに多く用いられています。


中綴じ製本

中綴じ製本はカタログや会社案内等によく使用される製本です。
表紙が表になるように重ねて2つに折り、表紙の外側から中心部をホチキスで留めて製本します。
ページ数が多くなりますと、ホチキスで留める中心部が厚くなりますので適しません。

中綴じ製本は、見開きが出来ますのでページ数の少ないパンフレットなどに最適です。


オリジナルバインダー製本

精美堂の独自のバインダーを使った製本です。

バインダーの表紙・裏表紙・背表紙を差し替えられるようになっており、自由にデザインすることが出来るようになっています。
綴じしろに2箇所穴を開けて、このバインダーに綴じて製本します。
製本サイズよりも大きな図面等は、折りたたんで綴じます。


ビニール製本

図面や書類の元のタイトルを活かせるように、透明なビニールを表紙に使った製本です。

綴じしろをホッチキスで数箇所とめて、背張りテープを張って仕上げます。
同じように透明なビニールを使って、ビス止めやファスナー止めで綴じるパターンもあります。