精美堂ホームページ > チャレンジ > turbolinuxをインストール

turbolinuxをインストール

turbolinux7workstationをインストールしてみました。

FUJITSUのLOOX T86Aにturbolinux7workstationをインストールしてみました

まず、領域を設定して、Dドライブの容量を増やし、そこにlinuxをインストールします。
領域を設定するには、再インストールするか、パーティションマジックなどを使って設定してください。
        
領域の設定ができたらTurbolinux7をインストールします。電源を入れて、富士通のロゴの下にメッセージが表示されている間に、F12を押します。インストールCDをセットして起動メニューのATAPI CD-ROMドライブを選択します。Turbolinuxのインストーラーが起動します。boot:と表示されたらEnterを押します。言語選択画面でJapaneseを選択しEnterを押します。しばらくするとグラフィカルなインストール画面が表示されるので指示にしたがいインストールしました。

しかし、なぜかフリーズしてしまい起動しません。いろいろ調べていると富士通のサポートページにその答えがありました。

カーネルパラメータの設定が必要になります。
インストール時、ブートローダー設定画面の詳細設定タブで、カーネルパラメータに
“ide0=ata66 ide1=ata66” を設定して下さい。

とあります。そこで起動時に
boot: linux ide0=ata66 ide1=ata66
と入力。

今度はうまくいきました。
次のように/etc/lilo.confを編集しました。

boot=/dev/hda map=/boot/map install=/boot/boot.b prompt timeout=50 message=/boot/message lba32 default=linux

image=/boot/vmlinuz
label=linux
read-only
root=/dev/hda2
append="ide0=ata66 ide1=ata66"

other=/dev/hda1
label=win

しかし、LOOX T86Aは1280x768の変則的なディスプレイなので横に伸びた画面で表示されいます。
そこで、富士通のサポートページを見てみると/etc/X11/XF86Configのサンプルがあったので、これを参考に設定すると1280x768で表示されるようになりました。

次に無線LANを設定します。無線LAN内臓のLOOX T86Aなので、ぜひ使いたい機能です。
富士通のサポートページに

FMV-BIBLO LOOX T86A 搭載のワイヤレスLANは、
AbsoluteValue Systems, Inc. が提供するドライバで動作します。

とあります。しかし、その会社の情報がありません。
Googleで調べてみるとlinux-wlan-ngというのがAbsoluteValue Systems, Inc. が提供するドライバらしいのでlinux-wlan-ng-0.1.12.tar.gzをダウンロードしてきて展開します。

# tar zxvf linux-wlan-ng-0.1.12.tar.gz
この後はrootで作業します。
# su
# cd linux-wlan-ng-0.1.12
# make config
LOOX T86Aで使用するモジュール名はprism2_pciなので
Build Prism2.5 native PCI (_pci) driver? (y/n) [y]: y とします。
# make all
# make install

# /sbin/modprobe prism2_pci としてモジュールを組み込みます。
# /sbin/lsmod を実行してprism2_pciが組み込まれていることを確認します。
# /sbin/ifconfig -a を実行して、NICの名がwlan0で登録されているか確認します。

/etc/rc.d/rc.localに下記を追記します。

modprobe prism2_pci wlanctl-ng wlan0 lnxreq_autojoin ssid=XXX authtype=opensystem ifup wlan0

ssid=XXXのXXXはあなたの環境に合わせて指定してください。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-wlan0を編集します。

DEVICE=wlan0 IPADDR=XXX.XXX.XXX.XXX NETMASK=XXX.XXX.XXX.XXX NETWORK=XXX.XXX.XXX.XXX BROADCAST=XXX.XXX.XXX.XXX ONBOOT=yes

XXX.XXX.XXX.XXXはあなたの環境に合わせて指定してください。

/etc/modules.confに下記を追記します。
alias wlan0 prism2_pci

これで再起動すれば無線LANを使えるようになります。
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-wlan0はnetcfgで設定したほうが楽かもしれません。

富士通のサポートページがとても充実していて驚きました。Turbolinux7のインストーラーも解かりやすく、特に悩むことなくインストールできました。

« K審査員に対するクレーム提出 | メイン | RedHatLinux8.0をインストール »

カテゴリ

アーカイブ

更新履歴 5件

お問い合わせ

平塚店
神奈川県平塚市東八幡4-6-5
電話:0463-21-0094

品川店
必ずお電話でご連絡ください。
電話:03-6675-9708

メールでのお問い合わせ
info@ds-seibido.co.jp

お問い合わせフォーム