精美堂ホームページ > チャレンジ > RedHatLinux9をインストール

RedHatLinux9をインストール

FUJITSU LOOX T86AにRedHatLinux9をインストールしてみました

rh9sshot.gifRedHat8と同じ手順でインストールしました
最初の起動でユーザの追加などを設定するウィザードが起動します。
しかしサウンドカードを設定する項目でなぜか音がなりません。
しかたなく無視して先に進みました。

ディスプレイの設定は以前RedHat8で設定したXF86Configが使えました。
これを/etc/X11/XF86Configに上書きしました。
無線LANの設定は/etc/modules.confにalias eth1 orinoco_pciを追記してから、メニューの[システム設定]→[ネットワーク]でデバイスを新規追加して設定すれば使えるようになります。

しかし音が鳴りません。メニューの[システム設定]→[サウンドカードの検出]を実行しても認識されているにもかかわらず
The trident driver could not be loaded. This soundcard may not be compatible with Red Hat Linux.
というエラーが表示されてテストサウンドを再生することができません。

そこでALSAを試してみることにしました。
ALSAを使うにはカーネルソースとCのコンパイラが必要なのでインストールCDをCDドライブにセットしてコンソールから


# rpm -ivh /mnt/cdrom/RedHat/RPMS/gcc-3.2.2-5.i386.rpm
# rpm -ivh /mnt/cdrom/RedHat/RPMS/kernel-source-2.4.20-8.i386.rpm
# rpm -ivh /mnt/cdrom/RedHat/RPMS/ncurses4-5.0-11.i386.rpm
# rpm -ivh /mnt/cdrom/RedHat/RPMS/ncurses-devel-5.3-4.i386.rpm
を実行します。

ALSAのサイトから
alsa-driver-0.9.6.tar.bz2
alsa-lib-0.9.6.tar.bz2
alsa-utils-0.9.6.tar.bz2
をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルをそれぞれ解凍します。
# tar jxvf alsa-driver-0.9.6.tar.bz2
# tar jxvf alsa-lib-0.9.6.tar.bz2
# tar jxvf alsa-utils-0.9.6.tar.bz2

alsa-driverをコンパイルしてインストールします。
# cd alsa-driver-0.9.6
# ./configure
# make
# make install
# ./snddevices

alsa-libをコンパイルしてインストールします。
# cd ../alsa-lib-0.9.6
# ./configure
# make
# make install

alsa-utilsをコンパイルしてインストールします。
# cd ../alsa-utils-0.9.6
# ./configure
# make
# make install

ALSAをシステムサービスに追加します。
# chkconfig --add alsasound

alsasoundを自動的に起動するように設定します。
# ntsysv

/etc/modules.confの以下の部分を削除します。
alias sound-slot-0 trident
post-install sound-slot-0 /bin/aumix-minimal -f /etc/.aumixrc -L >/dev/null 2>&1 || :
pre-remove sound-slot-0 /bin/aumix-minimal -f /etc/.aumixrc -S >/dev/null 2>&1 || :

/etc/modules.confに以下を追記します。
alias char-major-116 snd
alias snd-card-0 snd-ali5451
alias char-major-14 soundcore
alias sound-slot-0 snd-card-0
alias sound-service-0-0 snd-mixer-oss
alias sound-service-0-1 snd-seq-oss
alias sound-service-0-3 snd-pcm-oss

コンピュータを再起動します。

メニューの[サウンドとビデオ]→[音量コントロール]でボリュームを調節します。
これで音が出るようになりました。

見た目は前バージョンとそれほどかわりません。インストーラーも特に変わりなく簡単にインストールできました。
ただ、前バージョンでは問題なかったサウンドの設定がインストール時にうまくいかず、インストール完了後に設定しなければいけませんが、それ以外は特に問題ありませんでした。

« RedHatLinux8.0をインストール | メイン | 審査風景その5 (第2回2000年版維持審査) »

カテゴリ

アーカイブ

更新履歴 5件

お問い合わせ

平塚店
神奈川県平塚市東八幡4-6-5
電話:0463-21-0094

品川店
必ずお電話でご連絡ください。
電話:03-6675-9708

メールでのお問い合わせ
info@ds-seibido.co.jp

お問い合わせフォーム