精美堂ホームページ > デジタルデータの問題点 > バージョンの差異による印刷時のエラー

バージョンの差異による印刷時のエラー

ワードやCAD等で作成された電子データは、書類や図面をスキャンした場合と異なり、同じソフトウェアでもバージョンの違いにより印刷した時にエラーが発生する場合があります。
これはデータを作成したバージョンよりも低いバージョンのソフトウェアでデータを印刷するとエラーが起こる場合が多いです。

この問題で注意しなければいけないのは、エラー箇所がわかりにくい事です。
ソフトウェアのバージョンが違うだけなので、ファイルが開かない事はありませんし、印刷自体が全くされないという事も無いので、細かいエラーが見過ごされてしまう事もあります。
また、ディスプレイ上では正しく表示されているにもかかわらず、印刷すると正しく出力されない場合も有ります。

この種のエラーは、ソフトウェアの最新バージョンで印刷する事がエラーを回避できる事が多いです。
作成用ソフトの最新版を常に用意する事ができなくても、閲覧用ソフトが無料配布されているアクロバットリーダー等は常に最新版をインストールしておくと良いでしょう。

« 紙の電子化と温暖化や温室効果ガスの削減 | メイン | 内部統制とマイクロフィルムの必要性 »

カテゴリ

アーカイブ

更新履歴 5件

お問い合わせ

平塚店
神奈川県平塚市東八幡4-6-5
電話:0463-21-0094

品川店
必ずお電話でご連絡ください。
電話:03-6675-9708

メールでのお問い合わせ
info@ds-seibido.co.jp

お問い合わせフォーム