精美堂ホームページ > デジタル化Q&A > プリンタファイルの作成方法

プリンタファイルの作成方法

CAD図面データや電子文書などを印刷する際、ソフトがインストールされているパソコンと、プリンタが接続されているパソコンが別々にある場合は、プリンタファイルを使うと便利だと前回紹介しました。
では、プリンタファイルを実際に作ってみましょう。

まず、印刷したいプリンタ機のドライバをインストールします。
実際にパソコンにプリンタが接続されていなくてもローカルプリンタでかまいません。
ドライバをインストールするとプリンタ一覧にアイコンが現れます。
(今回は仮に当社で設備しているFuji Xerox BT8030MF)


印刷したい電子データなどを開いてプリンタファイルを作成します。
印刷のダイアログで、先程インストールしたプリンタを指定して用紙サイズなどを指定します。
基本的には通常の印刷と変わりませんが、印刷ボタンを押す前に[ファイルへ出力]にチェックを入れてから印刷ボタンをクリックします。


ファイルへ出力のダイアログが開くので、出力先ファイル名をフルパスで入力してOKをクリックします。
出力先ファイル名の拡張子はprnにします。


これでプリンタファイルが作成されました。

« 印刷する時ソフトが無い場合 | メイン | プリンタファイルを印刷する »

カテゴリ

アーカイブ

更新履歴 5件

お問い合わせ

平塚店
神奈川県平塚市東八幡4-6-5
電話:0463-21-0094

品川店
必ずお電話でご連絡ください。
電話:03-6675-9708

メールでのお問い合わせ
info@ds-seibido.co.jp

お問い合わせフォーム