精美堂ホームページ > 紙媒体のデジタル化 > 書類のスキャン時に発生する白紙の取り扱い

書類のスキャン時に発生する白紙の取り扱い

書類をスキャンする場合、基本的に白紙は削除してスキャンします。
白紙をスキャンしない方が、読み易くファイル数や容量も少なくなるからです。
文書をデータで保管する事を目的とする場合は、白紙を削ってスキャンする方が良いでしょう。

しかし、PDF等に変換して、プリントアウトする事を目的とする場合は少し違います。

両面に印刷された書類をスキャンしたデータをプリントする場合、そのままプリントすると片面プリントであれば問題ないですが、両面プリントする時に白紙を削ってしまうと表裏の整合性が合わなくなってしまいます。
綴じ代もずれてしまい、印刷イメージを左右に移動させながら印刷しなくてはならなくなる為、時間も手間も掛かってしまいます。
印刷する時は、両面に印刷した方が使用する用紙が半分になる為、経済的で環境にもやさしいです。
ペーパーレス化するとしても取扱説明書などは印刷して使う方が扱いやすいと思います。
両面に印刷された書類をスキャンする場合は、スキャン後に両面印刷して活用する事を考えると、白紙もスキャンしてしまう方が良いです。

« 図面や書類をスキャンする時の解像度 | メイン | 書類の電子化などに便利なOCR »

カテゴリ

アーカイブ

更新履歴 5件

お問い合わせ

平塚店
神奈川県平塚市東八幡4-6-5
電話:0463-21-0094

品川店
必ずお電話でご連絡ください。
電話:03-6675-9708

メールでのお問い合わせ
info@ds-seibido.co.jp

お問い合わせフォーム