精美堂ホームページ > 紙媒体のデジタル化 > 図面や書類などのデジタルデータの安全性

図面や書類などのデジタルデータの安全性

スキャンした図面や書類等のデジタルデータは、省スペースで保管にはとても便利ですが、雷や地震等の突発的な事でデータが破壊されてしまうことがあります。
停電が起きたりすると、パソコンは保存前のデータが消えてしまったり、ハードディスクが壊れてデータが消えてしまうトラブルが起きる可能性があります。

そこで電子データを作成する時に同じ物を2つ以上作っておく事をお勧めします。
バックアップを強化することで、突発的な事故やウィルスなどからもデータを守ることができます。

雷による停電や過剰電流からパソコン等を守るUPS(無停電電源)も普及してきています。
最近では、一般的な家電でもハードディスク等を搭載したデジタル家電やゲーム機などもあります。
UPSを使えば、サーバやパソコンのデータだけでなく、ゲーム機のセーブデータや録画した映画等を雷などから守ることができます。
また、長期保管が必要な図面や書類等の重要なデータはマイクロフィルム等のアナログメディアで保管する事も考えておきましょう。保管実績のあるマイクロフィルムを使う事で極めて信頼・安心できる仕組みを構築する事が出来ます。

マイクロフィルムに関しては下記の記事もご覧下さい


« 湘南ひらつかテクノフェア2012 | メイン | A0サイズ図面等の大判モノクロ原稿のスキャン »

カテゴリ

アーカイブ

更新履歴 5件

お問い合わせ

平塚店
神奈川県平塚市東八幡4-6-5
電話:0463-21-0094

品川店
必ずお電話でご連絡ください。
電話:03-6675-9708

メールでのお問い合わせ
info@ds-seibido.co.jp

お問い合わせフォーム